他人の話がわからない場合、以下の4点が原因になっているはずです。
(1)そもそも何について話しているのか「論点」が分からない
(2)結局何が言いたいのか「結論」がわからない
(3)どのような根拠があってそう言っているのか「理由」がわからない
(4)どうしてほしい(どうする)のかという「行動」がわからない そこで(1)から順番に「論点」→「結論」→「理由」→「行動」の流れで話せば、誰が聞いても伝わる話ができるようになります。

【これは分かりやすい!】『コクヨの5ステップかんたんロジカルシンキング』下地寛也:マインドマップ的読書感想文 (via usaginobike)

posted 1 month ago via andi-b
posted 1 month ago via andi-b

JASRACの分配データがコンピュータ化されていないという恐ろしい事 態に直面している{会場から「そんなことはない」との発言}。なぜかというと、私 は過去、自作のビデオ——作品名を言うと『怪奇大作戦』だが、徴収漏れがあり、自 分で調べ上げた結果、360万円くらいの徴収漏れが判明し、入金もあった。その後、 他社でも何回かビデオ化されているということが、詳しい人からもらったデータで判 明したので、「私に払っているかどうか、過去にさかのぼって調べて欲しい」と JASRACに言ったところ、調査すると言ったまま約3ヶ月たっても答えがない。なぜか と訊いたら、データがコンピュータ化されておらず、外部に託してある倉庫の、山の 様な書類を何人もの手で調べ直しているので時間がかかっているとのこと。  世界中で、日本では著作権管理を一元的にやっているのはJASRACだけ。それが、デ ータをコンピュータ化していないというのは、あまりにも情けなさすぎる。コンピュ ータ化していないというのは事実かどうか。事実なら、いつからデータ化するのか答 えてほしい。作家にパスワードを与え、自分で自分の作品がいつどういう風に使われ たのかくらいは知りたい。今の分配明細書では、結果の金額しか書かれておらず、ど この誰がどの曲をどういう風に使用したか全く分からない。データ化すれば一発で分 かる。絶対にデータ化してほしい。
 次に、私はあえて『爆弾発言』をする。私は先ほどの『怪奇大作戦』についての調 査報告の中で、1985年以前の書類は廃棄されているとの報告を受けた。事実なら重大 な法律違反だ。著作権というのは作家の死後50年まである。その間に書類廃棄とはい かなることか、事実をはっきりさせてほしい。

音楽著作権とJASRAC問題 (via otsune)

posted 1 month ago via andi-b
posted 1 month ago via andi-b

究極的に近代国家のいいところは何か、ということに突入していくわけですが、要は別に友達とかいなくても税金さえ払っていれば、警察と自衛隊も、戦争や災害から守ってくれるし、小中学校はタダで行かせてくれるし、病気になっても三割負担ぐらいで病院にいけるんです。友達がいなくても、そうやって人に支えてもらえるから、119番を押すと救急車も消防車も来る。究極的にはそういうことなんですよ。

それを今の自称インテリ的自意識を持っている人であればあるほど、逆行しようとしているんですよね。「人と人とのふれあいって大事だよね」って、そりゃ大事に決まってますよ。でもそれって、主張として意味なくないですか?

「楽天カードは通りやすい」は本当か? ビッグデータとクラウドソーシングがもたらす、信用社会の未来 – 宇野常寛×吉田浩一郎 | ログミー[o_O] (via otsune)

posted 1 month ago via y-u

姉の「妖怪ウォッチのジバニャンの、ドラえもんとピカチュウの良いとこ取りしたようなデザインからは、凄まじい金の匂いがする」という言葉が頭から離れない。

Twitter / konnyaku (via mki)

posted 1 month ago via y-u

「ITってもっと技術が発達してるのかと思ってたけど、セミコロンひとつで動かなくなるなんて、この分野もまだまだなんだね」って最近プログラミング始めた女の子に言われた

Twitter / NrNrNr7 (via vivit-jc)

posted 1 month ago via y-u

昔のオッさんが、俺たちの若いころはもっとずっと働いてたとかいうのを若者は真にうけなくていい。昔は見積もりを郵送し、連絡は固定電話だったんだから、日に3回見積もりを修正することもないし、今のメールつかった仕事の何分の一かの効率でしかないし、待ち時間も沢山あったはずだから。

Twitter / CUEICHI (via deli-hell-me)

posted 1 month ago via y-u

とにかく、大事なことは「セシウムは付着した場所から移動しない」のだと言う。木の葉、木の幹、及び表土から殆ど移動しない。3年経った今でも、表土から2−3cm、それ以上深くまでは沈降しない。だから、雨水によってセシウムが地下深く浸透して地下水に影響を与えることもない。逆に言えば、何万年もセシウムは表土にずっと残り続けることになる。

そして、さらに今回分かった、驚異的な事実は、殆どの植物が土壌から、一切のセシウムを吸収しないことであった。このことに気がついた中西先生の実験室では、さらに興味深いことがわかった。植物は放射能に汚染された土壌から一切セシウムを吸収しないのに、放射能に汚染された水だけで栽培するとセシウムをたっぷり吸収するという事実である。つまり、セシウムは土壌と強く結びつく性質を持っていて、この土壌からは植物の内部に全く入っていかないのだ。

このことが、農地の土壌に対しては、完全な除染が進んではいないにも関わらず、そこで、新たに栽培された農作物は全く放射能が検出されない安全なものが生産出来るという理由である。中西先生によれば、地球は、誕生直後から強い放射線に覆われており、その中で、生物は進化を続けてきたので、もともと放射能に対して強い耐性を持っていると言うのである。

中でも一番驚くのは、乳牛に関する放射能汚染調査で、原発事故直後に深刻な放射能汚染を受けた飼料を食べた乳牛から絞られた牛乳も深刻な放射能汚染を受けていたわけだが、その後、汚染されていない飼料を与えたところ、20日後には、原発事故以前の状態と同じ、全く汚染されていない牛乳が得られたという。つまり、植物は土壌から放射性物質を吸収しないし、動物は一度取り込んだ放射性物質を排出し、体内に残さないという優れた放射能耐性能力を持っていることが判明したのだという。中西先生は、ここで悲しそうな顔をして語られた。「だから放射能汚染地域に居た乳牛達を殺す必要はなかったのです。彼らは、汚染されていない飼料さえ与えれば、また、再び全く問題ない牛乳を生産することが出来たのです」。

275 「フクシマ」を救う中西友子先生 « 千秋日記 (via clione)

posted 1 month ago via y-u

「本当の美人は、一緒にいて心地がいい人なのよ」と言っていました。大人になった今はっきりと分かるのですが、女性の美しさとか豊かさって、この人といたらハッピーになれる、と感じさせる心地の良さにあると思うんです。

— (via miamumu)

自戒をこめてrbrg

(via blindwalk)

(Source: newyorker.co.jp)

posted 1 month ago via y-u